2009年07月10日

移植作業中 その2

VMDファイルを読み込んで再生まで移植しました。

適当なIKじゃ駄目駄目ですね。ひどいことになってます。はちゅねじゃないと見れたもんじゃないです。

くるっと一回転できなかったり一瞬消えたり、IK以外の部分にも問題がありそうです。

ついでにFPS30で動かすのもぎりぎりで、録画していると30切っちゃいますね。高速化もちゃんとしないといけないんですかね・・・。

実行結果

エナメルP様のはちゅねモデルとわさびP様のLove&Joyモーションデータを使用させていただいております。




web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 22:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

移植作業中 その1

というわけで、DrawStuff使って描画していたテストプログラムを、GLSL使った作り直し中のプログラムに移植中です。

とりあえずはボーンアニメーションまでは終わりました。残りはモーションとモーフィングです。

実行結果

IKで自動で首振り+選択したジョイントをキーボードで動かしています。



ムービーメーカーで変換した動画だと最近再生されなかったので、フリーのソフトウェアでmp4に変換してみました。どうやらちゃんと再生されているようですね。画質はあまりよくないですが。

というか最近再生されなかった動画も再生されているような・・・謎です。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 22:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

ARTK_MMDについて

ARToolKit+OpenGL+MMDのARTK_MMDのソースコードが公開されていますね。

http://ppyy.hp.infoseek.co.jp/artk.html



ライセンスがGPLなのでソースは見ないでおきますかね。なんとなく。

ARToolKit_MMDと作者違ったりするんでしょうか?

7月はちょっと忙しそうなのでプログラミングが進まなそうな今日この頃です。

web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

ARToolKit_MMDについて

久々に日記カテゴリです。

今日も元気にニコニコ動画を見ていたら、いつの間にかARToolKit_MMDなるものがありました。

http://ch.nicovideo.jp/community/co38890

コミュニティ動画の一例


ARToolKitとかPTAMとかマッチムーブとかAR流行ってるんですかね。先週行ったIVR展でもいくつかあった気がしますし。

MMDのVer.5β試してみましたが、面白いですね。物理シミュ常時ONにしてセンターボーン動かすとツインテールが荒ぶります。MMDでUFOキャッチャーしている動画などもありましたしPhunの3D版みたいになっていくんですかね。

まーこちらはゆっくりプログラミングしていきますかね。

web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 20:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月01日

動画のテスト

そういえばSeesaaブログって動画も投稿できましたね。
というわけでテスト。



NxOgreはSoftBodyに未対応だからCloth使ってくださいとForumにあったけれどClothでもパラメータ調整を頑張ればこういう感じになるんでしょうかね。Clothだと柔らかすぎのイメージが。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 14:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

WA的な何か

何かゲームを作りたいですね。と以前も言っていた気がしますね。
とりあえずRPGっぽい戦闘シーンでも作ってみようかな。

実行画面

ogre_cegui_pe_02.JPG

コマンド入力等はCEGUIを使って、後はモデルのアニメーションとパーティクルでそれっぽいものが作れそうな気もしないでもないですね。
背景とかHPバーとかはまた今度時間があるときにでも…。

今回は特に新しいことをしてないのでカテゴリは日記です。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 21:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月26日

HWND⇔CWndの変換

時間がたつのが早すぎますねぇ。さて今日はただのメモです。

ttp://d.hatena.ne.jp/octech/comment?date=20070224より引用

ウィンドウのハンドルと、CWndオブジェクトの行ったり来たりをするときにこういう処理で出来る。というメモ。

// HWND→CWnd*
CWnd* pCWnd = CWnd::FromHandle( hwnd );

// CWnd*→HWND
HWND hwnd = pCWnd->GetSafeHwnd();

web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 15:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

Visual Studio 2008 Exress Editions

Visual Studio 2008 Express Editionが提供され始めたようですね。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/

個人的にはVisual C# 2008でXNA使って何かとかやりたいですが、あまり手を広げすぎてもアレなのでとりあえずはまた今度ということにしておきます。すでにOgre 3DかIrrlichtかODEかPhysXかどれにしようかなーという状態ですし。

そういえばサウンド関係は全然いじってないですね。XNAならXACTだかXaudio2だか使えばいいかもしれませんが、OpenALも少し気になります。

Programming 3D Sound With OpenAL in Windows
http://www.gamedev.net/reference/articles/article1958.asp

Ogre3DとOpenAL
http://www.ogre3d.org/wiki/index.php/OpenAL

IrrlichtならirrKlangですかねぇ。こういうのも作られているようですし。
http://www.irrlicht3d.org/pivot/entry.php?id=582



そういえばYouTubeにデモやチュートリアルっぽいのもあった気がしますねぇ。動画で見た方が分かりやすいですよね。いろいろと。

何か話が脱線しまくった気がしますがまあいいか。メモブログだし。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月12日

プログラミングメモ−C++のキャスト

プログラムを見ていたら見慣れないキャストがあったのでメモ。

例によって説明は丸投げ。
http://www.s34.co.jp/cpptechdoc/article/newcast/index.html

ふーむ。いろいろできるんですねぇ。ってC++のオブジェクト指向が全然理解できていないのがばれてしまう!

久々に本来の目的(メモ)通りの使い方ができましたとさ。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

Ogre 3DとかIrrlicht Engineとか色々

物理エンジンはODEかPhysXのどちらかでいいとして、描画が問題です。
ODEのDrawstuffは微妙だしOpenGLやDirectXで自分で書くのも勉強には
なるけど微妙なものしかできない気がします。

というわけで3Dゲームエンジンぽいものでよさそうなものとして
Ogre 3D (LGPL)Irrlicht Engine (Zlib)辺りが有名なようです。
それ以外にもいろいろありますね。
http://gamdev.org/w/?%5B%5B%A5%CB%A5%E5%A1%BC%A5%B9%A5%BD%A1%BC%A5%B9%5D%5D

日本語の情報はIrrlictの方が少し多そうです。こことか。
http://www.realintegrity.net/~irr/index.php

Ogreはオーガがひっかかって微妙に探しにくいだけかもしれません。
Ogre 3DはオプションでODE使えるみたいですがIrrlictはどうなんでしょうね。

というわけで時間がある時に少し試してみようと思う今日この頃でした。
日本語でわかりやすいチュートリアルとかあったら教えてください。

続きを読む
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 12:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

PhysX SDKについて

さて、ODEを使用しようかPhysXを使用しようか、どちらがいいでしょうね。
ODEのdrawstuffを使用しないのでどちらでもいいといえばどちらでもいいですね。
PhysXボード持っているわけでもありませんし。

ODEでは最近「簡単!実践!ロボットシミュレーション」という本が発売されており、
購入しましたがODEの基礎から数学的な説明まで詳しく書かれており良かったです。
本を買うお金がない場合は著者のHPにもODE講座があり参考になります。

PhysXの本はでないんですかねぇ。

それは置いておいて、PhysXのLesson101を無理矢理ひとつのファイルにまとめてみました。
特に意味はありません。
Lesson101_0.cpp
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 16:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月07日

OpenSceneGraphについて

OpenSceneGraphとは、オープンソースのシーングラフツールキットです。
http://www.openscenegraph.org/projects/osg

OpenGLのラッパーライブラリで、色々な3Dファイルを読み込んでシーングラフを作って
色々いじれるなかなか良さそうなものです。
ドキュメントが少なく、日本語の情報はさらに少ないという感じですがどうなんでしょうね。

日本語で参考になりそうなページ
http://www.eml.ele.cst.nihon-u.ac.jp/~momma/wiki/wiki.cgi/OpenSceneGraph.html

さすがにメタセコのファイルには対応していないようです。
オープンソースだから自分で対応しろと言われればそれまでですが。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 16:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

Blenderでモデリング

Blenderでモデリングをしてみました。
といってもチュートリアルレベルです。
Bullet物理エンジンも組み込まれており色々できます。

一応コンテストなども行われているようです。

2007年度のルーブ・ゴールドバーグ・コンテストの作品
http://www.continuousphysics.com/mediawiki-1.5.8/index.php?title=PhysicsContest2007

ループ・ゴールドバーグとは、簡単にできることを無駄に大変にやる
表現方法をやった人?とかなんとかで、コンテストでも戸を開けたり
スイッチを入れるためだけにながーいことやってます。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 15:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

AGEIA PhysX SDK

というわけで、PhysX SDKがPC版なら商用・非商用利用無料となったようです。(PS3やXBOXなどで使用する場合のみ有料のようです)

やはり無料がいいので、Visual Studio .NET 2005 Express EditionとMicrosoft Platform SDKとDirectX SDKとOpenGLあたりをインストールしておきます。
http://www.microsoft.com/japan/msdn/vstudio/express/visualc/usingpsdk/

次がPhysX SDKについてですが、ダウンロードには登録と認証が必要です。登録してから数日かかってやっと認証されました。
http://devsupport.ageia.com/

で、PhysX_○○_SystemSoftware.exeとPhysX_○○_SDK_core.exeと(必要ならば)PhysX_○○_Tools.exeをダウンロードし、インストールします。

後はおなじみのツール→オプション→プロジェクトおよびソリューション→VC++ディレクトリで追加のインクルードディレクトリなどを設定します。

説明も面倒になってきたので他のサイトに丸投げしてみます。
http://ft-lab.ne.jp/cgi-bin/wiki.cgi?page=PhysX

DirectXと組み合わせたい場合は以下のサイトなどが参考になると思います。
http://codezine.jp/a/article/aid/719.aspx

あとはPhysXは商用だけあってドキュメントもしっかりしていますし、サンプルやチュートリアルまでたくさん用意されています。
一つ一つ試していけばきっと基本的な機能は習得できているのではないでしょうか。

PhysXは物理シミュレーションの機能のみを提供しているということで、モデリングなどは別のソフトで行うことになると思います。
ここもやはり無料で、ということで有名なモデリングソフトといえば(一応シェアウェアですが)メタセコイアですね。
http://www.metaseq.net/metaseq/index.html

モデリングとか苦手なので誰か作ってください。

後はPhysXとの連携を考えた場合、Blenderを使用するという方法もあります。
Blenderは以下のWikipedia参照ということで、色々ありましたが今はオープンソースでモデリングからアニメーション、物理シミュレーションまでできる統合ソフトウェアになっております。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Blender

日本語ドキュメントを作成しようという動きもあるようですし、本も少しは出ているようです。
http://f11.aaa.livedoor.jp/~hige/

これであればCOLLADAというソニーが提唱している3Dモデル用の規格?に対応したファイルを出力でき、PhysXのサンプルプログラムの一つであるPhysXViewerで読み込むことができるみたいです。たぶん。
もしかするとそのままでは読み込めないのかもしれませんがとりあえず参考サイトを置いておきますね。
http://www.shader.jp/xoops/html/modules/wordpress/index.php?p=481

以上、最初は色々書こうと思ってても段々面倒になってサイトのリンクを張って終了な困ったお話でした。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 14:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

CakePHPについて

CakePHPというPHPのフレームワークを試してみました。

うちの環境はApache2+PHP5+PostgreSQL8ですが、MySQLの方がいいのかもしれません。

PgAdminやphpPgAdminなどでデータベースを作成し、app/config/database.phpを環境にあわせて編集、後はbake.phpで焼けばあっという間にデータベースの表示・追加・編集・削除が可能なPHPのページが生成されます。

とっても楽です。でもSymfonyの方が色々出来ていいという情報もありますし、どれを使えばいいかはやはりCase by caseというやつでしょうかね。

今回の目的には簡単なものでいいので、CakePHPを使って構築しようかと思います。


web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 18:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月24日

その前に目的を・・・

文章を書くときは起承転結といった流れが大事だと思います。
流れが滅茶苦茶だととても読みにくいです。

ある目的を達成したいと考えた場合にも、以下のような流れが大事ではないかと思います。

1. 目的の考察
なぜそれが必要なのか、どんないいことがあるのか、何が必要か、などなど5W1H的にとりあえず目的を考察してみます。

2. 文献調査
次に、考察した目的に対して、関連する文献や研究について調査します。そこで目的を達成できるものが既に存在し、使用条件等を満たしているのであればそれをありがたく使わせていただいて終了です。

3. 問題点の考察
もし既存のものでは目的を達成できないとなれば、なぜ出来ないかという考察を行い、その理由を問題点として挙げてみます。

4. 問題解決
そしてその問題点を解決する方法を考え、実際に要求仕様作成、設計やプログラミングを行いシステムを構築し、実行・テスト・運用・保守・再設計・プログラミング・・・等を繰り返して目的を達成します*1。

5. 評価実験、まとめ
そして完成したシステムの評価を行い、まとめと今後の課題の考察を行ってメデタク終了となります。

つまり何が言いたかったかと言いますと、何でいきなりSymfonyのテストやねん!ということです。

まずは目的を、その後調査・問題点・解決方法について述べた上で、解決方法の一つとしてSymfonyを挙げ、テストを行ったという流れがないと、見ている方は何がしたいのかなど一切分からないと思います。

でも個人的なメモだからいいよね。ということで結局目的も何も書かないのでした。困ったものです。

*1 この辺りの方法もスパイラルモデルとかウォーターフォールモデルとかありますが、その辺は興味があればソフトウェア工学でも勉強して教えてください。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 11:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

PHPのフレームワークSymfonyについて

PHPのフレームワークSymfonyを試してみました。
とりあえず以下のような手順です。

PEARとSymfonyのインストールでPearの経路が古いからUpdateしろとかSymfonyなんて見つからないとかいろいろ手間取りました。
アップデートしても直らなかった気がしますが、いつの間にか直っていたので良かった良かった。

1. Apache2のインストール(インストール先をc:\apache2)
2. PHP5のインストール(PEAR, PostgreSQLのインストール、インストール先をc:\php5)
3. PostgreSQL8のインストール
4. php go-pear.phpの実行(http://go-pear.org and saving it as go-pear.php)
 PHP5インストール時?に関連付けをしていればgo-pear.phpをダブルクリックでいけるはずです。
 (右クリック→プログラムから開く→PHPのCLIでもいいです。)
5. コマンドプロンプトの実行(スタート→ファイル名を指定して実行→cmd.exe)
pear upgrade PEAR
pear channel-discover pear.symfony-project.com
pear install symfony/symfony
6. スマートURL対応のためhttpd.confの編集(Notepadとかでいいです。)
C:\Apache2.2\conf\httpd.confを開いてLoadModule辺りに以下の行を追加
LoadModule rewrite_module modules/mod_rewrite.so
7. またまたコマンドプロンプトで以下を実行
cd c:\apache2\htdocs
mkdir dora
cd dora
symfony init-project dora
symfony init-app doraapp
web/index.phpが生成される
symfony init-module doraapp hello
http://localhost/hello

これでプロジェクトとかアプリとかモジュールの雛形が出来るようです。
Apache2の設定やPHPの設定なども書かないと分からないですね。
困ったものです。
ついでに「とか」とか「よう」とか曖昧言葉が多いですね。
困ったものです。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 17:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

ブログ開始

ブログ始めました。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 03:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする