2017年07月21日

Visual Studio Community 2017 + Anaconda 4.3.0 で Python環境の構築

AIとかDeep Learningが流行っていますね。色々なフレームワークが出来ていますが、Pythonを使ったものが多いので、Pythonの勉強をしてみることにします。環境としてはWindowsのVisual Studio使用です。

環境構築

まずはVisual Studioのインストールです。セットアップファイルが便利になっているので、インストールの時にPython開発にチェックしてインストールするだけです。どれを選べば良いのかいまいちわかりませんでしたが、Python 3 (3.6.0) (64ビット) Pythonネイティブ開発ツール、Anaconda3(4.3.0.1) (64ビット)辺りをインストールしました。

1. 新しいプロジェクトの作成→Python→PythonアプリケーションでPythonのプロジェクトを新規作成
2. ツール→Python→Python環境を選択→ドロップダウンリストから概要を選択→Anaconda3(2.7, 64-bit)を選択→新しいプロジェクトに対する既定の環境にする
3. プロジェクト→〇〇のプロパティ→全般→インタープリター:Anaconda 4.3.0(2.7, 64-bit)に変更

とりあえずはこのような感じです。最初Anaconda 4.3.0(3.6, 64-bit)のPython 3.6使用でやろうとしていたのですが、import numpy as npとすると、ImportError: DLL load failed: と出てうまくいきませんでした。[1]によると2.7にしましょうとありましたので、特にこだわりもないので2.7にしました。おそらく3.6でも動かせるのだと思いますので、必要があればやり方を調べたいと思います。

4. 文字コードの設定として1行目を下記のようにする
  # -*- coding: utf-8 -*-

後は[2]などを参考にMatplotlibを使って関数の描画や画像の表示を試してみました。

実行結果
figure_1.png figure_1-1.png
[2]の本を一通りやれば大体イメージは掴めそうですかね。

[1] NumPy library ImportError: DLL load failed: The specified procedure could not be found
[2] 斎藤 康毅 著,"ゼロから作るDeep Learning", オライリー・ジャパン
posted by シンドラー at 19:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Machine Learning | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック