2017年06月07日

四角ポリゴンの三角ポリゴン化

Oculus Mediumというソフトウェアを試してみたのですが、3次元空間でのお絵描きというのも新鮮でいいですね。MediumでObjファイルをStampとして空間に描くことができるのですが、少し前のバージョンでは四角ポリゴンがあったり法線ベクトルがなかったりするとエラーで読み込めませんでした。最新バージョンでは直したみたいです[1]。

以前他のレンダラ用の変換プログラムを作っていた気がしたので、それに四角ポリゴンを三角ポリゴンに変換する機能も入れました。やり方自体は簡単です。QUADの場合、indexに4頂点が指定されていますので、3頂点×2個の面に分割して追加するだけです。

quad2triangles_001.png

一応四角ポリゴンの.objを読み込んで出力してみましたが、きちんと三角ポリゴンになっていました。この変換プログラムは輪郭線の描画は画像処理でやっていたので、遅かったのでOpenMPを試してみました。parallel forしか使っていませんが、体感的には2倍ぐらい早くなった気がします。ついでに過去の記事でやっていたブルーム効果も追加してみました。

実行結果

render_blume_001.png
キューブマップを導入したら動くPCと動かないPCがあって謎です。キューブマップ単体のサンプルなら表示されるので、テクスチャ周りの使い方に何か問題があるんだと思うのですが…。

[1] Oculus Medium Updates
posted by シンドラー at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | OpenGL & Metasequoia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450659839
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック