2016年12月31日

麻雀プログラムの作成 その5

大晦日ですね。昨日の続きで国士無双の判定と、日本語文字の表示を行いました。国士無双に関しては、么九牌13種全て揃っているということと、頭1つで14枚揃っているという二つの条件が必要です。そのため、完成までの牌数の計算にちょっと迷いました。

日本語表示に関しては、画像の読込みにOpenCVを使用していましたので、そのままOpenCV使ってやることにしました。ただ、OpenCVも2系の段階では日本語表示に対応していないようでしたので、[1]のヘッダファイルを使用させていただきました。

実行結果

mj_result_009.png

国士無双は4人打ちで揃えるのは大変ですので、1人打ちにしてデバッグしました。日本語表示するとかなりましになった気がしますね。特殊な判定が必要な国士無双と七対子が終わりましたので、後はその他の役を少しずつ追加していきたいと思います。

[1] OpenCV で日本語を出力しようパート2
posted by シンドラー at 18:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445418716
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック