2016年07月22日

ビットマップフォントに関するメモ

ここのところ月1回しか更新してないですね…。困ったものです。

今日はビットマップフォントに関するメモです。画面や画像に文字を表示する方法は、OpenGLやOpenCVなどにも用意されているので、それを使えば問題ないかと思います。今回のメモはライブラリ等を使わずに無理矢理表示するためのものです。

フォントについては、大きく分けてビットマップフォントとアウトラインフォントがあります。綺麗な文字を描きたいのであればアウトラインフォントだと思いますが、今回は簡単のためビットマップフォントを使用します。

フォントに関しては、ライセンスに気を付ける必要があります。今回は[1]のm+ fontsを使用させていただくことにしました。

こちらのフォントですが、BDFというファイルフォーマットのフォントデータがあります。BDFはBitmap Distribution Formatの略のようで、UNIXで標準的に使用されていたフォーマットのようです。

テキストベースのファイルフォーマットですが、自分で読み込むのも面倒ですので、[2]のbdf2bmpというソフトウェアを使用させていただき、bdfファイルをbmpファイルに変換しました。

後は文字ごとに切り出して拡大/縮小し、白:背景、黒:文字として元の画像にmixしてあげれば画像上に文字を描くことができます。

実行結果

Lenna画像上にHello worldを表示してみました。

chartest.png

[1] m+ fonts
[2] bdf2bmp
posted by シンドラー at 19:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Image Processing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440306396
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック