2015年07月20日

Unityの勉強

3連休だったので、Unity 5をちょっと使ってみることにしました。目標はMikulusのようなものの作成です。

1. [1]を参考にシーンの作成
2. [2]を参考にMMD4Mecanim等を使用してTda式ミクさんの導入
3. FPSControllerでカメラ移動

Mikulusっぽいものをつくるのに[2]はとても参考になりました。[1]も前半はわかりやすかったです。あとはUnityのVR Supportにチェックをいれてとりあえず完成だったのですが、FPSControllerでの視点移動が微妙でした。

やっぱりDK2使う場合、その場で見回したりする分には問題ないですが、キーボードやマウス操作で視点が動くと酔いそうになります。そこで、カメラをもう一つ追加して、そのカメラを動かして位置決めして、その位置にメインカメラを瞬間移動させることにしました。

4. RenderTexture[3]を追加して、サブカメラから見た景色をメインカメラの子Planeに映す
5. サブカメラを操作して、位置を決める[4][5]
6. 特定のキーを押すと、サブカメラの位置姿勢をメインカメラの位置姿勢に設定
7. 特定のキーを押すと、サブカメラ等を無効化する[6]

実行結果
サブカメラ操作時
unity_dk2_001.png

メインカメラ移動結果
unity_dk2_002.png

参考資料
[1] Getting Started with Unity 5 - eBook
[2] 主婦ゆに!
[3] Unity 5で無料になった機能の使い方(4)
[4] [Unity]カメラ方向によって前方向を決める
[5] UnityをC#で超入門してみる #1 Unity入門の章
[6] Unity: GameObjectの非表示2つの方法と削除
posted by シンドラー at 20:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Unity 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422702158
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック