2015年06月09日

VOXファイルをMinecraftへImportするメモ

ちょっとだけMinecraftもやっていたので.voxをMinecraftに導入するためのメモです。(Minecraftでコツコツ作る楽しみが半減してしまいますのでオススメしません)

MagicaVoxel0.96では、slab形式のvoxでExportできます。(右下のExport→slab)Exportすると、Exportフォルダに○○.slab.voxというファイルができています。

このslab形式のvoxですが、slab6[1]というソフトウェアで読み込むことができます。File→Openで○○.slab.voxを開き、そのままFile→Save Asで○○.KV6で保存します。

続いて、kv6ToSchematic.jar[2]を実行します。Javaの実行環境が必要ですので、ダブルクリックしても起動しなければインストールしてください。とりあえず今回はUse Default Palette→Use Wool Blocksで羊毛として出力しました。後は○○.KV6を開いて、○○.schematicとして保存します。

最後に、MCEdit[3]でワールドをEditして、Importで○○.schematicを配置してSaveすれば完了です。

実行結果

MagicaVoxel[4]のサンプルをテストで読み込んでみました。問題がありましたらお知らせください。

minecraft_002.png

256x256x256のようなボクセルも一応試してみましたが、大きいのはちょっと大きすぎて微妙でした。

[1] http://advsys.net/ken/download.htm
[2] http://www.minecraftforum.net/forums/mapping-and-modding/minecraft-tools/1265323-kv6toschematic-import-3d-models-with-textures
[3] http://www.mcedit.net/
[4] https://voxel.codeplex.com/
posted by シンドラー at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420364527
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック