2012年11月30日

Visual Studioのプロジェクトのプロパティシートの使い方について

オレオレライブラリを作って色々使いまわしているんですが、新しいプロジェクトを作成するたびに行うプロパティ設定が面倒でしたので、プロパティシートの使い方をメモしておきます。

[1] プロパティシート(C++)
http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/a4xbdz1e.aspx
[2] OpenCV 2.2 を Visual C++ 2010 Express で使うための準備から動作確認までの手順とプロジェクトサンプルとプロパティシートサンプル
http://d.hatena.ne.jp/Guernsey/20101205/

プロジェクトのプロパティ シートを作成するには([1]より抜粋編集)

1.Visual Studio IDE でソリューションを開く。
2.[表示]→[プロパティ マネージャー]で[プロパティ マネージャー]ウィンドウがIDEの左側にドッキングした状態で表示される。
3.[プロパティ マネージャー]で、新規プロパティ シートを含めるプロジェクトを右クリック→[新しいプロジェクト プロパティ シートの追加] をクリックする。
4.[新しい項目の追加] ダイアログ ボックスの [名前] ボックスに、新規プロパティ シートの名前を入力する。
5.[追加]をクリックする。

追加したプロジェクトのツリーを開くと、Release | Win32といった感じの項目が並んでいて、さらに開くと4.で入力した名前のプロパティシートが追加されています。

6.↑のプロパティシートを右クリック→プロパティで一般的なプロジェクトのプロパティ設定画面のようなものが表示されるので、既に設定済みのプロジェクトと比較しながら設定する。(見比べてみると結構デフォルトの設定が異なっています)
7.設定が終わったら、プロパティシートを右クリック→○○の保存をすれば、○○.vspropsという名前のプロパティシートが更新されます。(テキストエディタなどで開けば確認できます)

新しく作成したプロジェクトにこのプロパティシートを適用するためには、
1.[表示]→[プロパティ マネージャー]でプロパティマネージャーを表示する。
2.追加したいプロジェクトを右クリック→[既存のプロパティ シートの追加]をクリックすれば、ファイル選択のダイアログが表示されますので、作成した○○.vspropsを読込めば設定が反映されます。
posted by シンドラー at 12:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/304505288
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック