2012年09月16日

離散フーリエ変換による海面の生成 その4

GLSLでレンダリングしてみました。

フレネルの式の近似で反射率を計算して、反射したベクトルはスカイドームから、屈折分はただ単に水色を合成しています。

スカイドームは下記のデータを使用させていただきました。
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm10968092

実行結果



スカイドームの使い方を間違えている気がしますので、少し微妙です。
白波やコースティクスなどもできていないので、もうちょっとレンダリング方法をちゃんと調べる必要がありそうです。
posted by シンドラー at 19:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック