2017年06月11日

画像処理のGUI作成

キューブマップの作成のついでに、画像処理関係のGUIを追加してみました。グレースケール化は昔の記事でやった方法で、ラベリングとかCannyエッジ抽出とかはOpenCV使っています。ラベリングは[1]を参考にさせていただきました。

実行結果

ip_gui_000.png
別ウィンドウでHSVの色分布を表示しています。Hが360度で一周するので、0付近が見づらい場合があるので、シフトできるようにしています。今回はテスト画像として[2]の画像を使用させていただきました。

画像を読み込んで表示して、右クリックするとその色を取得できるようにしています。そこからその色との距離/類似度を使ってグレースケール化します。今回は赤いチョコ?を抽出するということで、HSVを使いました。
ip_gui_002.png

次は普通に閾値で2値化しました。
ip_gui_003.png

OpenCVのラベリングを使って色を塗りました。くっついているので困りますが、一応赤いチョコだけ抽出できているかと思います。
ip_gui_004.png

面積の情報も取得できますので、面積が50以下のものを削除してノイズを減らしました。
ip_gui_005.png

処理前の画像を一応確認できるように右上に小さく表示しています。これから膨張収縮とか穴埋めとか色々追加するとGUIが狭くなりそうですね。
ip_gui_001.png

[1] http://qiita.com/wakaba130/items/9d921b8b3eb812e4f197
[2] http://sipi.usc.edu/database/

web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 00:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | Image Processing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする