2017年04月30日

KVSに関するメモ

Kyoto Visualization System(KVS)[1]という可視化ライブラリがあるようなので、使ってみることにします。今回は環境設定などが楽そうなのでVirtualBox上[2]のUbuntu[3]で試してみたいと思います。細かい設定など面倒なので、Ubuntu DesktopのISOを使って、開発に必要そうなものなど色々インストールしました。

VirtualBox上でマウス操作する際、画面外に出られなかったり使いにくいのですが、Guest Additionsのインストールを行えば普通に使えるようになるそうです[4]。その他、WindowsとUbuntuでデータ共有もしたかったので、その方法も調べてみました。VirtualBox上で設定して後はUbuntu上でマウントすればいいみたいです[5]。

使い方と環境設定ですが、Wikiの内容が最新かと思います[6]。まずはGLUTとGLEWのインストールです。
  sudo apt-cache search glut
freeglut系が見つかりましたので、とりあえずそれを入れます。
  sudo apt-get install freeglut3-dev
次はGLEWです。
  sudo apt-cache search glew
  sudo apt-get install libglew-dev
続いて必要なのが環境変数KVS_DIRの設定です。これはWikiの通り.bashrcを編集しました。

次はインストールです。[1]からデータをダウンロードして解凍します。後はmakeとmake installで問題がなければうまくいくと思います。今回はWikiの通りKVS_DIRに~/local/kvsを指定しましたので、そこにinstallされます。

コンパイルについてですが、kvsmakeというプログラムが用意されていますので、それを使用します。
  kvsmake -G lesson1
  kvsmake
テストデータもWikiの通りです。
  git clone https://github.com/naohisas/KVS.data.git

付属のデータ以外でも試してみようと思いましたので、ボリュームデータというわけではありませんがMagicaVoxelのサンプルをKVSで用いられている.kvsmlに変換して表示してみました。

実行結果
kvsview_biome.png

動作確認は終わりましたので、次は実際にプログラミングしてみたいと思います。

[1] Kyoto Visualization System
[2] Oracle VirtualBox
[3] Download Ubuntu Desktop
[4] http://clubsepc.seesaa.net/article/229489943.html
[5] http://qiita.com/HirofumiYashima/items/6044cfc64cfa3e84f97c
[6] 入門KVS

web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 03:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | Rendering | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする