2016年01月15日

UnityでQumarionとDK2のテスト

明けましておめでとうございます。といってももう1月も半分終わってますね…。

先月Qumarionが最大55%OFFセールをしていたので、とりあえず買ってみました。Unityと組み合せて使う場合はどうすればいいのか考えていたのですが、ライブラリを公開してくださっている方がいらっしゃいましたので、使わせていただくことにしました[1]。

使い方としては[1]の通りで、Visual Studio Community 2015でコンパイルしたのですが、System.Reactive.Linqのところでエラーがでました。Reactive Extensions (Rx) v2.0がインストールされていないのが原因だったようですので、[2]を参考にインストールするとコンパイルが通りました。

Unity上での使用方法も[1]の通りで問題ないかと思います。今回はMMD4Mecanimを使ったTda式モデルで試させていただきました。注意点としては、RigをHumanoidにする[3]必要があることと、Tポーズ基準にする必要がありますので、適当にTポーズのvmdファイルを作って変換時に指定しました(これはUnity上でTポーズにしたのでいいのだとは思います)。

後はVR Supportを有効化すればDK2で眺めながら人形遊びができるようになります。また、Head Look Controllerなどを有効にしているとそちらも反映されるようです。

実行結果

unity5_qumarion_001.png

操作性としては、Qumarionはポジショントラッキング機能はないようなので、例えばQumarionを手前に動かしてもUnity上では移動しないのと、後ろを見ようとしてY軸中心に回転させても反映されないなどその辺が何とかなるとより人形遊びに近づくかと思いました。

[1] QUMARIONをUnityで使うライブラリを公開しました
[2] 連載:Reactive Extensions(Rx)入門
[3] Unity内でMMDモデルを自由に走らせる手軽な方法

web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | Unity 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。