2015年06月09日

VOXファイルをMinecraftへImportするメモ

ちょっとだけMinecraftもやっていたので.voxをMinecraftに導入するためのメモです。(Minecraftでコツコツ作る楽しみが半減してしまいますのでオススメしません)

MagicaVoxel0.96では、slab形式のvoxでExportできます。(右下のExport→slab)Exportすると、Exportフォルダに○○.slab.voxというファイルができています。

このslab形式のvoxですが、slab6[1]というソフトウェアで読み込むことができます。File→Openで○○.slab.voxを開き、そのままFile→Save Asで○○.KV6で保存します。

続いて、kv6ToSchematic.jar[2]を実行します。Javaの実行環境が必要ですので、ダブルクリックしても起動しなければインストールしてください。とりあえず今回はUse Default Palette→Use Wool Blocksで羊毛として出力しました。後は○○.KV6を開いて、○○.schematicとして保存します。

最後に、MCEdit[3]でワールドをEditして、Importで○○.schematicを配置してSaveすれば完了です。

実行結果

MagicaVoxel[4]のサンプルをテストで読み込んでみました。問題がありましたらお知らせください。

minecraft_002.png

256x256x256のようなボクセルも一応試してみましたが、大きいのはちょっと大きすぎて微妙でした。

[1] http://advsys.net/ken/download.htm
[2] http://www.minecraftforum.net/forums/mapping-and-modding/minecraft-tools/1265323-kv6toschematic-import-3d-models-with-textures
[3] http://www.mcedit.net/
[4] https://voxel.codeplex.com/
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 02:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

マウスでカメラ操作のテスト その2

以前の記事で極座標ベースのカメラ操作を実装していたのですが、マウス操作量に掛けるスケールは定数で、視野角やカメラから注視点までの距離などを考慮していなかったため、カメラパラメータによっては操作感が悪い状態でした。

そこで、その辺りのカメラパラメータを考慮したマウス操作量を検討してみました。

まずは平行移動量です。UpとRightベクトルは以前の方法で、それに掛けるスケールを1ピクセル分を基準に計算します。
mouse_view_001.png

次は回転です。シンプルですが、視野角などに依存しないのでこれで良さそうです。
mouse_view_002.png

最後はホイールでの距離操作です。これもシンプルなもので特に問題なさそうです。
mouse_view_003.png

実行結果


ボクセル化を行うなら、平行投影の方がいい気がしますが、今は透視投影で視野角小さ目でやっていたりするので、その辺は試してみますかね。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 02:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | OpenGL & Metasequoia | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。