2010年05月28日

画像の2値化と細線化について

少し画像処理の勉強をしたいと思います。OpenGL+GLSLでOpenCVは使わない方針で。その割にほぼ参考文献どおりの処理ですが。

取りあえずラスタベクトル変換を行いたいので、その前処理として画像のグレースケール化、2値化、細線化辺りまでやってみました。

今のところGPUは使っていません。並列処理が効きそうな処理はGPUでやりたいものですね。

1.BMP等のファイルを読み込む
2.カラー画像の場合は、RGBをYCrCbに変換し、Y(輝度値)を使ってグレースケール化
3.グレースケール化した画像を2値化。閾値は判別分析法で決定
4.4-連結細線化を使用して細線化
5.細線化した画像からの特徴点抽出 ← 今ココ
6.ラスタベクトル変換

実行結果

ip_test_002.JPGip_test_001.JPG
原画像(左)と細線化後の画像(右)

まーラスタベクトル変換後やそれ以外にも色々試したいことはあるんですが。気が付くと2ヶ月ぐらい更新してなくて困ったものです。

参考文献

[1] 酒井幸市著、“画像処理とパターン認識入門”,森北出版(2006)
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 01:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | Image Processing | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする