2009年12月31日

年末ですね

時間が経つのが早すぎて困ったものですね。

ニコニコ技術部のランキングを見ていたらこんなのがありました。



変換元はともかく完成すればMMDのモデルがさらに増えそうな感じですね。

後はDXライブラリでPMDファイルやVMDモーション読込み、Xファイル出力とかもできちゃうみたいですね。DXライブラリはオープンソースみたいだし素晴らしいことです。



この他にもMMDモーションの全自動生成とかモーションの切り貼りとか「MMD技術部」のタグが付いているものは結構面白そうなものが多いですなぁ。

まーCG系はしばらく置いておいて別の勉強をしないと…。

web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月25日

Irrlicht+PMDでBVHの再生テスト その3

その3というか作っただけでソースの公開とかしていなかったので一応置いておきます。

IrrPMDLoaderBVH.zip

あまりコメントもいれていないのでわかりにくいと思いますが何かの参考にでもなればいいですね。

以下のソースコードを使用させていただいております。
・Irrlichtの一部ソースコード
・VMDConverter(Yumin様)
・BVHファイル読込み(九州工業大学尾下先生)を一部改変
 http://www.oshita-lab.org/index-j.html
・数学計算MathUtil(実例で学ぶゲーム3D数学)
 http://www.oreilly.co.jp/books/9784873113777/

私のソースコードの部分はライセンスはIrrlicht準拠かと思います。その辺は一緒に入っているテキストファイルを見てください。

web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 23:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | Irrlicht | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

Box2Dのオブジェクトと画像について その3

何番煎じかわかりませんが、クレヨンフィジクスやPhunのようなものを試してみたくなったので試しました。

前回は画像処理で頂点を検出しましたが、今回はマウスの入力を一定時間ごとに記録したりコーナー検出をしたりして頂点情報を生成し、残りは前回と同様に三角ポリゴン化→Box2Dオブジェクトの作成を行えば良いということになります。

マウス入力からの頂点選択や三角ポリゴン化はもっと色々いい方法がありそうですが、特にやる予定はありません。

実行結果



今回もHGE+Box2Dでやっています。HGEでレンダリング領域(テクスチャ)を確保して、そこに三角ポリゴンを描画しつつ、Box2Dのオブジェクトと対応付けを行っています。

なんとなくそれっぽいのができたような気がします。たまに中が空洞になってしまったりしますが。
web拍手 by FC2
posted by シンドラー at 07:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | Box2D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする